原因と治療方法

近年、女性の多くが悩んでいるものとして、クマがあります。クマができると、不健康で老けて見えてしまいます。 目の下にクマができる原因は、意外と知られていませんが、肌荒れによるものです。これは、原因のナンバーワンといわれているほど多いです。そもそも目のクマができる部分の皮膚は、たった0.6mmしかないといわれています。これは、体の皮膚の中で一番薄い部分です。お肌が荒れると、もともと薄かった皮膚が一段と薄くなっていきます。その結果、目の下の毛細血管が浮かび上がり黒く見えてしまいます。 その他の原因としては、年齢による目元のたるみもあげれれます。皮膚がたるむことで脂肪がさがってしまうことで影になり、クマになります。

クマを治すための効果的な治療法として、トレチノイン・ハイドロキノンが注目されています。これは、目の下の色素沈着、黒ずみの治療にも用いられる塗り薬のことです。薬剤を皮膚に定期的に塗ることで、メラニンの合成を抑えます。そのため、クマになることを防ぐことができます。それとともに、皮膚のターンオーバー促進がもたらされるので、クマを治す効果もあります。また、クマを治すだけでなく、トレチノインは小じわの治療にも効果があります。 このクマを治す方法のメリットは、自宅で治療ができることです。数回の通院は必要ですが、基本的に自宅で塗るだけの治療になります。ですから、通院の煩わしさがないです。また、ダウンタイムもないので、日常生活に支障がないこともメリットです。